白い歯が美肌を際立たせる

  • 投稿日:
  • by

美しい肌の条件は、吹き出物がない事、キメが整っている事、肌のトーンに差がない事、などが挙げられます。吹き出物が多い肌はやはり美しく見えません。治せる吹き出物が沢山肌に出来ている場合、肌の汚さがその人の評価に影響を及ぼすことが時にあります。例えば、不摂生をしているようにみられたり、自己管理が甘い人にみられたり...。本当のところはそんな不摂生をしているわけでもないのに、そのような不本意な評価を付けられていたとしたら...、嫌ですよね。正直に。ですが、このような事は実はよくあることなのですよ。

 

肌のキメが整っているかどうかは、肌の乾燥がとても影響します。肌が乾燥をしていると肌のきめが粗くなり、その結果、肌が荒れているような印象を与える...。乾燥は肌が荒れる原因になるだけでなく、アレルギーを引き起こすこともあります。ですから肌のケアは念入りに行った方が良いのです。これは化粧品会社の人が言うだけでなく、皮膚科の医師の意見でもあります。老若男女問わず、スキンケアはしっかりと行った方が何か良いものです。

 

肌のトーンに差がない事、とは肌のある部分の色はとても明るく、ある部分の色は暗い、というようなことを避けることです。肌のトーンが一定だとその肌自身がきれいに見えるものです。目の下のクマが出来ないようにしっかりと睡眠をとる事などが大切になってきます。

 

肌がきれいに見える3条件を気にするようになったら、歯も綺麗にしましょう。いくら肌がきれいでも歯が汚かったら台無しです...。歯って見られていないようで、実はよくみられている場所です。そして歯が汚いと、肌の印象と同じようにその人の印象も悪くなる傾向があります。歯が黄ばまないように、歯が黒ずんでいると良くありません。肌を気にするように、歯もしっかりとケアしましょう。もう既に歯が黄ばんでいる、という方にはケア方法として歯のホワイトニングをお勧めします。歯のホワイトニング用の歯磨きを使う事から始められて位は如何でしょうか。これなら毎日の生活の中で簡単に始められますよ!

 

肌も歯も常に綺麗に見えるようにするには、その人自身の努力がとても大切です。

http://xn--n9jn2izcwcyhva9jthrb7333gs5tb3czd.com/

 

ボディの美白ケアも重要

  • 投稿日:
  • by

顔の美白はよく行われていますよね。日本女性なら白い肌に憧れる気持ちがあります。外国人のようなきめの細かい白い肌に憧れる女性はたくさんいます。そんな女性たちが日常的に行うのは美白です。美白クリームを使ってみたり、美白用の化粧品を使う...、白い肌に憧れる女性のスキンケアはもしかするとこのように美白に重点を置いてされているかもしれません。スキンケアでの美白の効果は、美白化粧品を使っている限りはその効果も表れるとされています。ですから肌が白くなりたいと思う方はずっと美白化粧品を使い続ける必要があるのです。

 

美白化粧品を使い続ける限りは美白の効果が期待できる、と書きました。でも顔だけ美白し続けていると、体は白くないのに顔だけ白い...、なんてちょっとおかしなことになります。顔だけ白いなんて美しくなりませんよね。よく顔だけワントーン明るいファンデーションを使っている方がいますが、首の色と顔の色が違うなんてちょっと変な感じがします。ですから顔の美白をする時は必ず、体の美白についても考えましょう。

一般的に顔の方が日焼けしやすいとされています。体は服を着る分直射日光にさらされることが少ない。顔はそうではありませんから、顔は体に比べてよく日焼けをするのです。顔に日焼け止めを塗るのは顔に服を着せるようなものです。

 

身体の美白化粧品というものは実はあまりありません。体の美白したい、という方はそれほど多くないからです。でも例えば、半袖ばかり着ていると腕の色が2色になってしまう事ってありますよね。そんな時は体の美白をしたいと思うかもしれません。体の美白化粧品はあまりないのですから、そんな時はどのようにしましょうか。飲み薬を使うのも一つの手です。ビタミンCがたくさん入った薬やサプリメントを使うのも一つの手です。体の中から白くしていくのも良いでしょう。

 

でも、いくら顔と体を白くしたいといっても、自分本来の体の色よりももっと白くすることは時に危険な時もあります。美白化粧品や薬を使うといっても効果が出るまでには時間もかかります。あまり欲張らずに、ボチボチと美白するのが一番いいでしょう。

 

髪の毛のツヤを取り戻す

  • 投稿日:
  • by

髪の毛の艶って本当に気になりますよね。少し前なら、つやつやの髪の毛で頭の形に添って光が当たる事を、天使のわっかが出来る...なんて表現した時代もありました。いつの時代でもつやつやと美しく光る髪の毛は女性の憧れです。平安時代の女性の美しさの一つの要素に髪の毛の美しさ、がありました。平安時代というと今から1200年以上も前ですが、そのころから女性の髪の毛はつやつやと美しい方が良いという考えがあったのですね。

 

痛みの少ない髪の毛を手に入れたいのなら、一番簡単な方法は髪の毛の痛んでいる部分をすっきりと切ってしまう事です。髪の毛の痛んでいる部分は、どれほど髪の毛が長い方でも、パーマやブリーチをしていない方でしたら10センチほどです。この部分を切ってしまうと、痛んでいる部分が無いわけですから髪の毛は必然とつやつやと綺麗なものだけが残ります。でも昨今、パーマやブリーチなど髪の毛に何も手を加えていない、という方は珍しいですから...。そうなると髪の毛は常に痛んでいることになります。

 

傷んでいる髪の毛をそのままに、でも艶だけよみがえらせたい、という方にお勧めなのが洗い流さないタイプのトリートメントです。こちらはドラッグストアでも簡単に購入することが出来ますし、ちょっと良いタイプのものが欲しい場合は美容室で売られています。

 

傷んだ髪の毛にトリートメントをすると効果はありますが、でもつやつやになるかどうかというとそれはまた別の事。即効性を求めるのでしたらオイルトリートメント(洗い流さないもの)がお勧めです。椿油の入っているものや、椿油そのものでも十分艶がよみがえります。ただオイル・トリートメントの場合、何かとそのケアに手間がかかります。そんな時にこそ活用したいのが、スプレータイプのもの。手軽に簡単に髪の毛にスプレーするだけで天使の艶がよみがえります!子供のようなサラサラの髪の毛にすぐに戻りたい...という方にもお勧めですよ!

スペシャルケアで美白

  • 投稿日:
  • by

色が白くなりたい、肌の色をより美しく見せたい、と思っておられる方はたくさんいらっしゃいます。巷にあふれている美白化粧品はそういった女性の願望を表しているのかもしれません...。美白化粧品を使うと肌の色が白くなる、と思っておられるかもしれませんが、実はそうではありません。美白化粧品がする仕事というのは肌が紫外線を受けた時にメラニン色素を出来にくくするという作用があるだけで肌色自体を白くするものではありません。ですから肌の色を白くしたいのであれば、まずできること。それは顔の脱毛をすることです。

女子力で差をつける!顔脱毛で手に入る4つの効果

1.化粧のりが良くなる

顔の化粧をしたときに一番この効果を実感できます。ファンデーションを塗った時に肌への密着感が増します。それで顔の産毛があるのと、無いのとではこれほど違うものなのか、と驚かれるかたも多いそうです。また顔の脱毛をすることにより眉毛のラインがはっきりとし、眉を書きやすくなるというメリットもあります。

2.肌が滑らかになる

顔の肌を触った時に顔の肌の滑らかさに驚くでしょう。顔の産毛は顔全体を覆っているもの。それがなくなるだけで顔の肌がつるりとします。さわり心地が良くなること間違いなしです。

3.顔の透明感が増す

驚くことなのですが、顔の産毛を剃ると顔の肌の透明感が増します。日本人の産毛の色は黒色。ですから産毛を剃らないでいると顔の肌の色は実際の色よりも一段暗い色に見えるというわけです。ですから顔色を明るく見せたいような時があれば、ファンデーションの色を変える前に、まず産毛を剃っているのがいいですよ。

4.肌の色が白く見える

これは上記を重なりますが、顔の色を明るく見せようと思ったときに産毛をそることです。顔の産毛を剃ることにより光の反反射具合も変わってきますので、その結果肌が白く見えます。写真写りを気にするときなどはやはり顔の産毛を剃ったほうが顔の色も白く映るのでお勧めです

顔の産毛を剃ることに何のメリットがあるのかと考えたときに、小さいことであまり大きなことではありませんが、差がつく方法としてやはり顔の脱毛をするべきです。

正しいUVケアの方法

  • 投稿日:
  • by

もう全くあたり前の話ですが、綺麗な白い肌を保ちたいと思うのなら、日焼けによるトラブルを防ぎたいと思うのなら日焼け止めを使うことです。

実際に日焼けが原因で起こる肌のトラブルは多いものです。肌の乾燥をはじめ、シミやシワ、そばかすが増えるのも日焼けが原因と言われています。実際に紫外線を気にして防いで生活している方の肌というのは乾燥も少なく、とても決めの整った肌をしています。紫外線が肌トラブルを起こすといっても過言ではない一面があります。

ですから日焼け止めを使うということは肌トラブルを防ぐためにもとても重要なのです。

 

でも日焼け止めも様々なものがあるのでどれを使えばいいのか、と迷っている方。日焼け止めを選ぶ際にSPFという記号を参考にしてくださいね。もうご存知だと思いますが、SPFが高ければ高いほど日焼け止めの効果が長く続きます。つまり太陽に当たる時間が長いのならSPFのあとに続く数字が高いもの選べば良いのですよね。逆に日常生活の際に塗る日焼け止めなら数字がそれほど高いものでなくとも大丈夫です。大体SPF30くらいでも大丈夫と言われています。SPFが高い商品なら日焼け止めを何回も一日のうち塗り直さなくてもいいので楽そうです。でもその弊害として肌がとても乾燥しやすくなりますので、強い日焼け止めを使うのなら保湿もしっかりとしなければいけませんね!

 

また最近でも様々なタイプの日焼け止めが売られています。定番のクリームタイプに加えて、シートでささっと塗るタイプやスプレー状のもの、ジェルタイプのもの、パウダーのものもありますよね。それぞれに利点と欠点があるでしょうから買う前にしっかりと検討して下さい。スプレータイプのものは体の手が届かないところでも使えるのでオススメです。でも、すぐに無くなってしまうという欠点もありあすが、でもとても便利で使い易いです。

 

日焼け止めを正しく使うことで夏でも焼かないようにすることはできます。でも徹底的に焼きたくない方は日焼け止めと、その上をカバーするもの(例えば帽子やアームカバーなど)との併用をおすすめします。

 

毎日のケアで美白

  • 投稿日:
  • by

一年のうちで一番紫外線の多い季節はいつかご存知でしょうか?

暑い夏と思われるかもしれませんが、実は紫外線の一番多い時期は5月です。春先の5月。日焼けしやすい真夏よりも5月の方が、紫外線が強いなんて以外に思われるかもしれません。でもこの時期に降り注ぐ紫外線はとても強いのです。だからこそ、この時期から本格的に紫外線対策を始めましょう。

こちらでは紫外線対策にどのような方法が良いか考えています。

 

まず一番基本的な事は日焼け止めを使うことです。

日焼け止めのSPFはもうおなじみになっていますよね。これはSPFが高ければ高いほど、その日やけど目の効果が長く続くということです。SPF1で約20分間紫外線を防ぐことができます。ですからSPF50だと50分×201000分間日焼け止めの効果が続きます。でも、もちろんそんなに長い時間効果が続くとしても、実際は日焼け止めを塗った箇所が擦れたりすることもありますから、そんなに強い日焼け止めを使ったとしても塗り直すことが必要です。

日焼け止めを使うこと以外にも、化粧をすることで日焼け止めの効果はあります。例えばパウダリーファンデーションを使えば、日焼け止めを使わなくともSPF20くらいの効果は期待できます。ですから日焼け止めが苦手という方はパウダリータイプのファンデーションを使ってみる事も良いと思います。

 

万が一日焼けしてしまった場合、肌が赤くヒリヒリする場合はまず冷やしましょう。日焼けとは肌のやけどのこと。ですから冷やすことが大切になってきます。

 

次に美白ついてです。白い肌を保つためにはまず、日焼けをしないこと。そして常日頃からのお手入れが大切になります。ビタミンCを多く含む食品を食べること(例えば苺など)そして美白成分の入っている化粧品を使いましょう。美白は、その化粧品を使っている間は効果が期待できるのだそうです。でも、美白化粧品を使うことをやめてしまうと元の肌色に戻ってしまう恐れがあるので、長いスパンで使い続けましょう。「白い肌は七難隠す」などと言われるように白い肌は女性の憧れです。普段からのお手入れを大切に、美肌を保ちましょう。