スペシャルケアで美白

  • 投稿日:
  • by

色が白くなりたい、肌の色をより美しく見せたい、と思っておられる方はたくさんいらっしゃいます。巷にあふれている美白化粧品はそういった女性の願望を表しているのかもしれません...。美白化粧品を使うと肌の色が白くなる、と思っておられるかもしれませんが、実はそうではありません。美白化粧品がする仕事というのは肌が紫外線を受けた時にメラニン色素を出来にくくするという作用があるだけで肌色自体を白くするものではありません。ですから肌の色を白くしたいのであれば、まずできること。それは顔の脱毛をすることです。

女子力で差をつける!顔脱毛で手に入る4つの効果

1.化粧のりが良くなる

顔の化粧をしたときに一番この効果を実感できます。ファンデーションを塗った時に肌への密着感が増します。それで顔の産毛があるのと、無いのとではこれほど違うものなのか、と驚かれるかたも多いそうです。また顔の脱毛をすることにより眉毛のラインがはっきりとし、眉を書きやすくなるというメリットもあります。

2.肌が滑らかになる

顔の肌を触った時に顔の肌の滑らかさに驚くでしょう。顔の産毛は顔全体を覆っているもの。それがなくなるだけで顔の肌がつるりとします。さわり心地が良くなること間違いなしです。

3.顔の透明感が増す

驚くことなのですが、顔の産毛を剃ると顔の肌の透明感が増します。日本人の産毛の色は黒色。ですから産毛を剃らないでいると顔の肌の色は実際の色よりも一段暗い色に見えるというわけです。ですから顔色を明るく見せたいような時があれば、ファンデーションの色を変える前に、まず産毛を剃っているのがいいですよ。

4.肌の色が白く見える

これは上記を重なりますが、顔の色を明るく見せようと思ったときに産毛をそることです。顔の産毛を剃ることにより光の反反射具合も変わってきますので、その結果肌が白く見えます。写真写りを気にするときなどはやはり顔の産毛を剃ったほうが顔の色も白く映るのでお勧めです

顔の産毛を剃ることに何のメリットがあるのかと考えたときに、小さいことであまり大きなことではありませんが、差がつく方法としてやはり顔の脱毛をするべきです。

正しいUVケアの方法

  • 投稿日:
  • by

もう全くあたり前の話ですが、綺麗な白い肌を保ちたいと思うのなら、日焼けによるトラブルを防ぎたいと思うのなら日焼け止めを使うことです。

実際に日焼けが原因で起こる肌のトラブルは多いものです。肌の乾燥をはじめ、シミやシワ、そばかすが増えるのも日焼けが原因と言われています。実際に紫外線を気にして防いで生活している方の肌というのは乾燥も少なく、とても決めの整った肌をしています。紫外線が肌トラブルを起こすといっても過言ではない一面があります。

ですから日焼け止めを使うということは肌トラブルを防ぐためにもとても重要なのです。

 

でも日焼け止めも様々なものがあるのでどれを使えばいいのか、と迷っている方。日焼け止めを選ぶ際にSPFという記号を参考にしてくださいね。もうご存知だと思いますが、SPFが高ければ高いほど日焼け止めの効果が長く続きます。つまり太陽に当たる時間が長いのならSPFのあとに続く数字が高いもの選べば良いのですよね。逆に日常生活の際に塗る日焼け止めなら数字がそれほど高いものでなくとも大丈夫です。大体SPF30くらいでも大丈夫と言われています。SPFが高い商品なら日焼け止めを何回も一日のうち塗り直さなくてもいいので楽そうです。でもその弊害として肌がとても乾燥しやすくなりますので、強い日焼け止めを使うのなら保湿もしっかりとしなければいけませんね!

 

また最近でも様々なタイプの日焼け止めが売られています。定番のクリームタイプに加えて、シートでささっと塗るタイプやスプレー状のもの、ジェルタイプのもの、パウダーのものもありますよね。それぞれに利点と欠点があるでしょうから買う前にしっかりと検討して下さい。スプレータイプのものは体の手が届かないところでも使えるのでオススメです。でも、すぐに無くなってしまうという欠点もありあすが、でもとても便利で使い易いです。

 

日焼け止めを正しく使うことで夏でも焼かないようにすることはできます。でも徹底的に焼きたくない方は日焼け止めと、その上をカバーするもの(例えば帽子やアームカバーなど)との併用をおすすめします。

 

毎日のケアで美白

  • 投稿日:
  • by

一年のうちで一番紫外線の多い季節はいつかご存知でしょうか?

暑い夏と思われるかもしれませんが、実は紫外線の一番多い時期は5月です。春先の5月。日焼けしやすい真夏よりも5月の方が、紫外線が強いなんて以外に思われるかもしれません。でもこの時期に降り注ぐ紫外線はとても強いのです。だからこそ、この時期から本格的に紫外線対策を始めましょう。

こちらでは紫外線対策にどのような方法が良いか考えています。

 

まず一番基本的な事は日焼け止めを使うことです。

日焼け止めのSPFはもうおなじみになっていますよね。これはSPFが高ければ高いほど、その日やけど目の効果が長く続くということです。SPF1で約20分間紫外線を防ぐことができます。ですからSPF50だと50分×201000分間日焼け止めの効果が続きます。でも、もちろんそんなに長い時間効果が続くとしても、実際は日焼け止めを塗った箇所が擦れたりすることもありますから、そんなに強い日焼け止めを使ったとしても塗り直すことが必要です。

日焼け止めを使うこと以外にも、化粧をすることで日焼け止めの効果はあります。例えばパウダリーファンデーションを使えば、日焼け止めを使わなくともSPF20くらいの効果は期待できます。ですから日焼け止めが苦手という方はパウダリータイプのファンデーションを使ってみる事も良いと思います。

 

万が一日焼けしてしまった場合、肌が赤くヒリヒリする場合はまず冷やしましょう。日焼けとは肌のやけどのこと。ですから冷やすことが大切になってきます。

 

次に美白ついてです。白い肌を保つためにはまず、日焼けをしないこと。そして常日頃からのお手入れが大切になります。ビタミンCを多く含む食品を食べること(例えば苺など)そして美白成分の入っている化粧品を使いましょう。美白は、その化粧品を使っている間は効果が期待できるのだそうです。でも、美白化粧品を使うことをやめてしまうと元の肌色に戻ってしまう恐れがあるので、長いスパンで使い続けましょう。「白い肌は七難隠す」などと言われるように白い肌は女性の憧れです。普段からのお手入れを大切に、美肌を保ちましょう。